忍者ブログ
フレンチブルドッグhippieの肉球の上でコロコロ転がされる 保護したチャトラ猫虎丸(こまる)が助っ人参戦
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

11/9(金)は「急性膵炎」の診断で、痛み止めの注射2本で一旦は落ち着いてるので
今日はゆっくり眠れるようにハウスへ。

11/10(土)
早朝4:30頃ハウスから「キャンキャン…ハアハアハア」で、ビックリして出して見ると
昨日のお昼のように、全身を震わせて上向きに口を開けて舌を出して「ハアハアッ」と
呼吸が荒い。抱き上げようとすると痛いのか、私の腕にしがみつくようにするので、
抱いてなでるしか出来ない。
昨日の注射は「12時間しか持たへんから・・・」って事やったんで、それで治ると勝手に
解釈してた。それが切れた様ですごく苦しそう。

その時の様子・・・すごく苦しそう・・・



しばらく様子を見てると6時頃に落ち着いたのか、疲れたのかベッドの足元に離れて
眠りだしたので、少し安心して私も寝ることに。

朝、少し落ち着いて朝ごはんも完食。
KI病院へ朝一番に行って、今朝の様子を伝えた。
「一応血液検査しとこか」って事で検査をしたが、膵臓の数値も正常。その他も正常。
昨日と同じ注射を2本。「昨日も打ってるから今日は良く効くよ」と言われ飲み薬3日分
ももらって帰る。

▲診察明細書▲
再診料・・・・・・・・・・・・・・・・・¥500
採血料・・・・・・・・・・・・・・・・・¥100
生化学検査(項目ごと)・・・・¥500×5項目
皮下・筋肉注射・・・・・・・・・・¥1000×2本
内服薬・・・・・・・・・・・・・・・・・¥1200
内服薬・・・・・・・・・・・・・・・・・¥960
-------------------------------------------------------
¥8568

この時に病院で精算を待っている時に撮った動画。少し首を振って歩いている。
これを先生が見逃してなければ・・・と、後になって思う。


家に帰ってしばらくしても、昨日ほど落ち着かない。
呼吸は収まったが震えは止まらない。
お昼を過ぎてしばらく様子を見てると、歩いてる様子がおかしい。
首を左右に大きく振って体をくねらせるように前に進む感じ。
呼ぶと来るけど、いつものように私の後を付いて回る程動かない。
「やっぱり腰ちゃうか~!?」と、papaと私は疑いだした。

このときの様子・・・明らかにおかしい・・・

携帯で動画をとって梅母へ相談してみると「他の病院へ行ったほうがいいかも?
今日は旦那がいるから車で連れて行くから遠慮なく言ってね~」とありがたいお言葉。

夕方病院が始まるのを待って連れて行くと「これは神経やな~薬が全然違うから」って
ビタミンBの入った注射を1本と、「これはステロイドはいってるけど・・・」と腰に1本。
hippieの後ろ足先を、足の甲側を下に曲げて見て、hippieが自分で戻したので、
「まだ大丈夫。これが戻されへんかったらアカンけど、他の子なんか前足だけで歩いて
3ヶ月注射し続けて歩けた子もいてるから」と、言われた。

▲診察明細書▲
皮下・筋肉注射・・・・・・・・・・・¥1000
皮下・筋肉注射(2種以上)・・¥1500
内服薬・・・・・・・・・・・・・・・・・・-¥1200 朝の内服薬は膵炎用だった為
内服薬・・・・・・・・・・・・・・・・・・-¥960  返したら返金してくれました。
----------------------------------------------------
合計               ¥357

頭の中は噴火

一応精算して外に出た瞬間~
「ぬおおおおぉぉぉだから言うたやろおおおお~!!」
この気持ちを誰かに・・・と思って梅母へメール!!
すぐ近くに住んでる梅母はすぐに駆けつけてくれた。
顔を見たとたん涙がボロボロ~
hippieが下半身が全く動かず前足だけで歩くのを見て梅母もオロオロ~

梅母にパニックになりながら経緯を話していると、トイプードルのコテツ母が散歩帰りに
横切った。呼び止めてhippieを見せると「これは絶対におかしい!! 他の病院行き~!」
って事で、近くで信頼できる病院を他に知らないので「アーシャ&ジョジョ母なら知って
るかも?」と電話番号を教えてもらった。

それでも、一通り話を聞いてもらって少し落ち着いたので、別れて帰ろうとしてると
梅母から「やっぱり今から他の病院行こう!旦那いてるから車で!」とメールをもらって
ぼんやり頭真っ白になって、どうしたらいいのかわからなかった私は(ここでやっと
「そうや!! 」と、思って、アーシャ&ジョジョ母へ電話した。

2回くらいコールしたら、すぐに出てくれて名乗る前に「hippieのお姉ちゃん!?」と言って
少し離れてるKO病院を教えてくれた。その上「今、散歩帰りにコテツ母から電話で
聞いて車の中で連絡待っててん!今から行こう!!」と言ってくれた。
私は皆さんの優しさでまた涙が出てきた
すると「この子らの生命力はすごいから大丈夫!!それよりお姉ちゃんがしっかりせなアカン!!
hippieが不安になるから!」って言われた。自分のショックでオロオロしてた時に心強かった~

結局、梅父にお願いしてKO病院へ行こうと、梅家へ。
着いたら梅ちゃんはhippieを見て大興奮ごはんの途中でもほったらかし。
ず~っと抱いて疲れたので、hippieを下ろすと近づく梅ちゃんを横切ってどこに行くかと思えば…
下半身を引きずりながらも梅ちゃんのフードをムシャムシャ・・・
大爆笑
何日かぶりに笑った。hippieもず~っと痛みでボ~ッとしてたし私も心配で笑ってなかったな~。
梅ちゃんとも相変わらず仲良しで、前足だけでも歩いて遊んでた。こういう本能って大事やな~

そして、父・母・兄・梅にKO病院へ
到着したその時!!
梅ちゃんを抱いてた母が「うわ~血だらけ~私~?」と、自分の手を見たりしてけど傷がない。
「梅かな~?」と梅ちゃんを見ると、左後ろ足の足首内側を3cm程パックリ。
「ひえ~なんで~どこで~?」と車の中を見ても切った原因がわからない。
と言うことで、梅ちゃんも一緒に見てもらう事になった。

アーシャ&ジョジョ母がすでに病院に「こういう子が来るから」って連絡を入れておいてくれた
ので少し診療時間を過ぎていたけど、快く受け付けていただいた。

梅ちゃんは局部麻酔で2針縫う事に。

hippieは夕方の注射が効いてない様やけど、種類が分からんと決めれないと言う事なので
KI病院へ電話で確認。その間にhippieはレントゲンを2枚撮った。
先生の第一声は「小さい時に事故か何かに遭いました?」だった。全く覚えがない。
それを告げると「じゃあ生まれつきでしょうね。骨が薄くもろいので、いずれ今回の様な事が
起きたでしょう。」と言うことでした。

結論は「椎間板ヘルニア」で、骨の感じからして再発もありうるらしい。

治療法としては、ステロイド注射(今回は夕方の病院とは違う種類)を4~5日続けて
改善がなければ、全身麻酔でCTを撮って、手術をして改善の可能性があれば三重県に
この病気の権威の先生がいらっしゃるらしい。
でも、CTで手術が出来ない。や、手術をしても改善が見られない場合もあるとの事。

私はさらに真っ白・・・・・・・・・・

とりあえず、4~5日注射で様子を見て少しでも良い方向なら・・・・・と言う感じ。

診察を終えて、頭の中ゴチャゴチャのまま梅一家に送ってもらった。
診察中の付き添い・病院の往復までして頂いて本当にありがとうございます!
梅父のせっかくのお休みに、快く連れて行ってもらって。
しかも、梅ちゃんいらんケガしてしまうし

▲診察料▲
診察料・・・・・・・・・・・・・¥1050
X線検査・・・・・・・・・・・・¥4200
注射料・・・・・・・・・・・・・¥2625
----------------------------------------
合計           ¥7875

帰宅後、papaにワンワン泣きながら、詳細を説明。papaも
その後、今日一日お世話になった方々へメールで連絡していると、hippieは
ようやく震えが止まって呼吸も普通に・・・



この日のお昼にオシッコへ行ったけど、腰を落とそうとして痛いのかチョロッと出て止めたまま。
診察中に力が入ったのかその時にウンチは出た。
でも、引き続きオシッコが出ないのが心配なのでオムツをしています。

この後は、注射がやっときいたのか、(やっと)ゆったりと過ごして、ぐっすり眠ってました。
PR

先週の木曜日の夕方からhippieの様子がおかしくなり最悪の状態を向かえ
今現在、ようやく落ち着いて来たので、その事柄をまとめてみます。

まず、木曜日の夕方に4時頃からグランドへ行って6時頃に帰ってきた。
この日は、梅ちゃんとラムちゃんがいたのに、hippieはもうひとつはしゃがない。
梅ちゃんが他の子とプロレスしてるのにhippieはシラ~っとしてた。

そのうちに、いつもは「もっともっと~」で、私の所なんか絶対に来ないのに
私の膝の上に乗ろうとする。でも、せっかくやからって私は「ほれ!行っといで~!」
って、感じで何度か乗せなかった

あまりにも私の所にばかり寄って来るから、膝に乗せるとかすかに震えてる。
お昼の散歩は汗をかくほど暑かったから、hippieの服は脱がせたままだった。
「あら?寒いんかな~?」と、遊ばないので帰ることに。

帰ってからはhippieにご飯をあげて、しばらくしてからpapaと私がご飯を食べた。
この時も、いつもなら「何食べてんの~?何かちょうだ~い」と、寄って来るのに
この日は、遠くでお座りのまま見てた。
でも、お休みやったから2回散歩に行って疲れてるんかな~?位しか思わなかった。

その後も、私はお風呂に入りやっと、hippieを部屋でゆっくり見てると、震えている。
そして、呼吸が浅く速い。
ここでやっと私は「あれ?」と、思って服を着せて暖房を付け私のベッドで布団を掛けて
様子を見ながら「おかしいな~?」と、思い始める。

その時のメールに添付した動画がこれ↓ hippieの気を引こうと私の口笛付き。
でも、hippieはそれどころじゃない感じ・・・


梅母と、いとこで2匹ワンコを飼っているMADOKAちゃんにメールを送る。
「震えて呼吸が速いねんけど、風邪なんかな?初めてでわからんけど…」

でも、これだけでは誰も状況が分からない。
誰もが風邪?と思うはず。とにかく暖めた。すると丸くなって眠りだしたので一安心。
このとき、MADOKAちゃんは「精神的に怖い思いしたとかはない?」と聞かれたけど、
いくら考えても、「これやっっっ!!」って言う決め手もないまま、その可能性もあるんかな?
って、思いながら心配なので一緒にベッドで寝ることに。

いつもなら、私の腕枕で寝るのに、なぜか離れて足元で震えて丸まってた。
無理に動かすと、動悸が激しくなったので放っておいた。
でも、なでようと手を伸ばすと体を固く嫌がる感じ。
心配ながら、寝ることに・・・・・・

11/9(金)
朝になっても、変わらず。背中を丸めて震え・呼吸が速いまま。
下痢・嘔吐がないし、腰骨を一つづつつまんだり、あばらや、足の関節をつまんで
反応を見たけど、特に痛がる様子がない。
ただ、おしっこの時に腰を落とそうとして痛くて止めてる様子。
でも、朝ご飯はいつも通り完食したので、様子を見る事に。

お昼の12時過ぎに、急に落ち着きなく歩き回る。
お座りしようとして止めたり、バタンと倒れてすぐに起き上がり歩き回る。
そのうち、上向きに口を開け舌を出して「ハアハアッハアハアッ」と、
やりたしたので、ここでやっと「おかしい!!あかんあかん!!」となって、

近くのKI病院へ。
hippieは他の近くのT病院へ小さい頃アレルギーで通っていたけど、きちんとした
診断がないまま、薬ばかり飲ませている様で、通うのをやめた。
結局、アレルギーテストをしてもらったのを参考にしながら、手作りご飯を始めたり。
フードを探したりを1歳位まで続けた。
そして、通うのに約1時間程かかる、J病院を去年の秋に紹介されて通っていた。
ここのJ病院の先生はとても親切で丁寧に診察・説明をしてくれるので、信頼していて
なるべく薬に頼らず直す方法で、手作りご飯など指導してもらっていた。
でも、遠いのが難点でもしもの時は?と思いながら過ごしていた。

それから、ほとんど一年間、病院にかかるほどの事もなく、フィラリア・フロントラインは
近くの病院で。アレルギーも、手作りご飯であわてて駆けつける程の事もないままで
過ごしてしまっていたので、グランドで仲良くなった飼い主さんから近くの「KI病院」の
存在を知って、「駆け込む程の事があればそこに行こう!」と、思っていた。

だから、この時は迷わずKI病院へ。

診断では「急性膵炎」と言うことで、「ここ4~5日の間に脂っぽい物食べたか?」と
聞かれた。いくら考えても、色んな野菜の煮込みに生魚の切り身を乗せた上に
人参を擦って,ごま油orオリーブオイルをかけて、りんご酢orレモン汁。
最後にごまを擦って食べさせていたので、その説明をしたが、「他にビスケットや
おやつでは?」・・・・・・
おやつも、にぼしか手作りのかぼちゃクッキーしかあげてなかった。
しかも、下痢・嘔吐もないのに?
先生曰く「体調にもよるけど、脂分が分解されなくて痛くなっていて、2~3日後に
症状がでるから」って事で、その痛み止めの注射を2本打たれてこの日は帰る事に。

一応、「おしっこの時に腰を曲げるのを痛がってるようなんですが・・・」って、言って
見たけど「人間でもお腹痛い時は腰曲がるやろ?」って事で。

▲診察明細書▲
初診料・・・・・・・・・・・・・¥1000
糞便一般検査・・・・・・・¥500
皮下・筋肉注射・・・・・・¥1000×2本
--------------------------------------------------
¥3150

帰宅後、痛み止めが効いたのか、前夜震えてゆっくり眠れなかったのか、一時は
震えもなく、呼吸も戻って良く眠って晩ごはんもペロリと食べた。



hippie「なんだかつかれました」

ここからまだ続きますが、次回にアップします。
結果的にはヘルニアで、注射等が効いて今は落ち着いています。
最悪の場合も考えましたが、皆さんのお陰で運が良く明日からは投薬治療になります。
しばらくは安静と言うことですが、今日はもう、飛びつこうとしたりと元気になってきて
逆に、止めるのに大変です
でも、これも数日前の事を思うと嬉しい事なので、喜びながら注意しながら頑張ります。
先週の木曜日お天気だった我が家のお休みの日。
朝9時頃に「もう朝露もかわいたかな~?」とグランドへ・・・

奥の一面はいつものゲートボール中・・・



hippieが喜んで近づかない様に反対側のグランドで遊ぶぞ~!!



いつもの通り、まずは爆走



広いグランドを独り占め~ヤッホ~



少し疲れてきたみたいね~



蝶を追いかけて川の近くに行ってしまったけど、もう川には入らんやろ~って
思ってうっかりしてたらやっぱり!!



「コラ~!!」もおおおお~!急いで上がってきてるけど水面に波紋が・・・
ばれてるっちゅうねん



私が怒ってるのを察知していくら追いかけても逃げまくり。
私はただ、濡れた服を脱がしたいのにいぃぃぃ~



でも、リードをつけるとバタンキュ~
いつものように動かなくなった。この間に服を脱がして体を拭いて・・・

今日は良い天気やからよかったね~

この日、夕方もグランドへお散歩へ行って途中からhippieの様子がおかしくなりました。
その内容はまた後日アップします。

でも、今現在(11/12お昼)は薬が効いて落ち着いて来ています。
※この、グランドのお散歩仲間のみなさんのお陰で本当に私も、hippieも救われました。
もし、ここでのネットワークがなく、過ごしていたらきっと今も、hippieは苦しいままで
私も、泣き暮らしていたと思います。
毎日の病院への送り向かいまでして頂いてこの場を借りて改めて感謝しています。
本当にありがとうございます。
hippieもがんばってるんで、私も頑張ります!!
これからもヨロシクお願い致します。


カレンダー
03 2019/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
プロフィール
HN:
hippie(ヒッピー)
年齢:
13
性別:
女性
誕生日:
2005/09/07
職業:
cheeseの子・papaの孫
趣味:
チュウする事・長~いオナラ
自己紹介:
体重8.6kg
ハニーパイド
ごはんは手作り
アレルギーあり

2歳2ヶ月でヘルニア発症
   (一時下半身不随)
2歳11ヶ月でヘルニア再発
3歳11ヶ月で膀胱炎
4歳1ヶ月でストロバイト結晶
4歳10ヶ月でヘルニア再々発

4歳半の時から自然療法中


cheeseとその父papaと虎丸の異種多様4人?家族
最新CM
[03/25 cheese]
[11/22 アージョ母]
[11/02 cheese]
[11/01 さなえママ]
[06/12 cheese]
ブログ内検索
バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]